知っておきたい国内MBAを取得する意味

一橋大学大学院の授業というのは実践的なカリキュラムを中心に行われ、経営戦略全般を学んでいき、企業の中核で活躍していくMBAホルダーを目標にしてます。
インターンシップにおいては国内は当然のこと、世界に進出してる大手企業がサポートをしてくれる事から、そのときに多くの人脈を築くことができます。
2年制のコースを選ぶ事によって、数々の企業においてインターンシップが行われます。
また一橋大学大学院に在籍をしている教員の社会実務経験に関してですけど、一般的な大学院教員とは異なっており、ビジネスリーダーとして企業で活躍してきてる人が多くなっており、全教員の50%以上はMBAを取得しています。そのことからリアルな現在の状況の経営情勢を受講することが可能で、効率的に経営能力を学習出来ます。

 

日本のビジネススクールの殆どは日本語で授業が行われますから、英語が少々得意では無いな方だったとしても安心をしてMBA取得までのカリキュラムを受けることが出来ます。しかしグローバル化が進行をしている現在、世界で通用をする事のできる英語スキルというのは必須です。そこで一橋大学大学院で行われている授業というのは英語が全て標準となってますので、あたかも海外のビジネススクールのように学んでいく事が出来るのです。
一橋大学大学院というのは国立大学法人の元で運営されていて、グローバル社会で即戦力として活躍を期待ができるコースを提供しています。
このことから英語力向上を求めている日本人だけに限ったことではなく、外国からの留学生もたくさん在籍をしてるのです。
一橋大学大学院を前提に考えた場合の特色やりまして、国際的に認められる優秀なMBAホルダーになることが可能ということデス。

 

一橋大学大学院への入学は、実務経験として3年以上必要となります。全体の生徒の6割以上がこれまでに5年以上の実務経験を持っており、その他業界の人とコミュニケーションを取ることが出来るのが嬉しいメリットの一つです。もし留学を希望している場合には、一橋大学大学院の海外パートナースクールで国際留学が可能な制度も確立しており、ワンランク上の経営能力を学習でき、世界的に活躍するMBAホルダーを目指していきます。